FX 注文方法の種類とは?

FXでは、タイミングよく注文を出すのと同じくらいに重要なのが、決済することです。

そのために、あらかじめ買い注文と同時に決済注文を出すという方法があります。

教えて!gooを知りたいならこちらです。

これを「IFDイフダン注文」と言います。
これは、まず指値で新規注文を出し、ポジションを得たら、決済注文が作動するという仕組みです。例をあげると、1米ドル100円で新規買い注文を入れ、101円になったら売るという具合です。

素敵なトルコリラ情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

これにより、自宅にいなくても、勝手に売買が成立し、利益を得られる可能になります。



そのほかにも、利益確定とリスクを回避するための決済注文方法に[OCO注文」というのがあります。


これは、現在持っているポジションが利益が出たら売り、逆も損失を出した場合も売れるようにしておくというものです。

これを事前に設定しておけば、大幅な暴落で予想以上の損失が出るのを防ぐことができます。

さらに、この上記二つの注文方法を掛け合わせたものも、FXにはあります。
FXは為替レートをじっと睨みつけていないとできないようなイメージがあるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

会社に出勤する前に、その日に予測を立てて注文を入れておけば、自動的に利益が確定している場合もあります。

いずれにしても、為替の変動は驚くほどのスピードで起きることがままあります。


ですので、ポジションを持ったら、リスク回避のために、あらかじめ決済注文は入れておくほうが無難でしょう。