新築一戸建てにかかる忘れがちな費用

そろそろマイホームが欲しいと考えている方には、いくつかの選択肢がありますね。まずマンションか一戸建てか、新築か中古か、一戸建てなら建売にするか注文住宅にするかなど、自分たちのライフスタイルを考慮して一番合うものを選ぶとよいでしょう。

この中で、新築の一戸建てが良いと考える場合、一度はこのような広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。

家賃並みの支払いで新築のマイホームが手に入る、年収300万円でもマイホームが実現、このような売り文句です。

今賃貸住宅に住んでいて、結構な金額を支払っている場合、それならマイホームを手に入れた方がいいのではないかと考える方も多いようです。

Girls Channelに関するお悩み解決にはこちらです。

確かに家賃並みの支払いでマイホームを手に入れることは可能ですが、自分の家を持つということは賃貸の時にはなかった費用が発生するということでもあります。

まずすぐにかかってくるのが固定資産税ですね。

これは土地や建物の評価額によりますが、年間で10万円以上はかかると思っておいた方がいいです。



それから、火災保険や地震保険にも加入しなければならず、これも1年間で数万円かかります。


建ててすぐは必要なくても、老朽化してきた時のリフォーム費用も必要ですし、広くなる分光熱費や水道代などもアップします。

朝霞の新築一戸建ての基礎知識をご説明をしたいと思います。

新築後何年かは税金の優遇措置があったりしますが、これが終わった後にとんでもなく支払額が上がることもあります。


住宅ローンも固定期間が終わると必ず金利が上がりますから、最初にすべて考慮に入れて計算しておきましょう。